最新記事一覧

事業費用の準備

お金

助成金やローンで借入

個人事業主や会社経営者にとって事業資金の調達が必要になる場面があります。最初に必要になるのは、事業立ち上げ時です。事務所を開業するなら、賃貸契約にかかる費用や内装工事、OA機器や備品の購入でお金がかかります。工場を開業するなら設備投資が必要になります。では、その事業資金をどこから調達するかですが、自己資金でできるのならいいのですが、それであるとお金を持っている人しか事業を立ち上げできないことになります。そこで公的機関からの融資制度があります。各地方自治体では事業者向けに融資制度を設けているところがあります。申込みをして審査に通過すれば、低金利で融資を無担保で受けることができます。しかし、公的機関からの融資は審査が厳しく時間もかかります。まだ、創業して年数が浅いと申込み条件に当てはまらないといったこともあります。ただし、公的機関は融資だけでなく助成金や補助金制度もあります。助成金・補助金は基本的に返還不要のお金です。返済不要ではありますが、用途は限られており新しく人材を採用した、被災地で雇用、障碍者を採用、その地方自治体に盛り上げる事業費に対して助成するなど用途が限られていることが多いです。これから始める事業が、助成金の助成目的に合致するのであれば事業資金調達をすることができます。また、金融機関から事業資金を調達する方法があります。銀行やノンバンク系の金融機関では、事業者専用のローンを商品として取り扱っています。公的機関の融資制度よりも審査基準は緩和されていて審査も早いので、早急に事業資金を調達したい企業に向いています。